LCCシェアNO1を誇るジェットスターの格安航空券に迫る!

国内にもLCCと呼ばれる格安航空会社が参入し、安く・便利に空の便を利用することができるようになりました。
格安航空会社も増えてきているので、違いがよく分からないという声も多く聞かれます。
格安航空券を手に入れるために必要なのは、航空会社の特徴を知っておくことです。
今回は、国内LCCシェアナンバーワンを誇る「ジェットスター」について紹介していきたいと思います。

航空会社「ジェットスター航空」

ジェットスターグループは、オーストラリアやニュージーランド拠点としている航空会社です。
アジア太平洋地域においてネットワークを広げ、日本の国内線のみならず、アジア太平洋地域の60都市以上への運航を展開しています。
2015年会計年度には、グループ全体で2,900万人以上もの人に利用されたという実績があります。

詳しい情報は、こちらでも(https://ja.wikipedia.org/wiki/ジェットスター航空)確認できます。

国内最大級のネットワーク構えるLCC

格安航空会社通称LCCの中でも、東京・名古屋・大阪の3大都市を中心に、札幌・高松・松山・大分・福岡・熊本・鹿児島・沖縄などを結ぶ、16路線を運航しています。
運航本数も多く、一日に最大96便の運航を行うこともあります。

最大の魅力は格安の運賃

他の航空会社に引けをとらない圧倒的な低価格は、やはりジェットスターだからこそ実現できる価格です。
また、ジェットスターの強みとして、最低価格保証があります。
同一線路・同一時間帯の同じクラスの運航便で、ジェットスターよりも低価格の他社の運航便があれば、その他社の価格よりも10%値引きするというものです。
低価格から、更に10%引きはお得ですよね!


魅力を活かした選択を!

他のLCCにも素晴らしい会社はたくさんありますが、ジェットスターの魅力は、格安な運賃はもちろん、航空路線が多いことす。
旅行先や目的などに合わせて手軽に選べるというのは嬉しいですよね。
また、運航本数も多いので、ある程度は時間にも融通が利きます。
それぞれの航空会社の特徴を知った上で、最も自分の理想に近い格安航空券を手に入れましょう。

Copyright(C)2016 格安航空券が安い理由とは?宿泊付きなどお得なポイントを紹介! All Rights Reserved.